【潤んだ芽】←※ヌケます!!

【コミなび純稿】潤んだ芽

【潤んだ芽】のあらすじ

社会的な一般常識のある二組の夫婦。
主人公の祥平は悦子という妻を持つ新婚だったが、引越し先の向かいの家に住む磯部夫妻のことが気になっていた。

特に奥さんの磯部静香。
この30代のしっとりした大人の女性の色気・・・。
すでに一児の母であるという母性も、祥平にとっては憧れの対象であった。

もちろん新婚で、悦子というれっきとした妻を持つ祥平は、静香への想いはたんなる憧れとして持っていただけ。
これがどうなるということもなく、当然何かを期待していたわけでもなく・・・。

ところがそんな祥平を狂わせてしまう、一つの出来事が・・・!

ある日仕事を早く終えた祥平が、まだ悦子も帰ってきていない自宅へ帰ろうとすると、向かいの奥さん・静香が声をかけてきた。
これが祥平の人生を一変させてしまう始まりになろうとは・・・!

潤んだ芽

コメントは受け付けていません。